FC2ブログ
2020/07/09

災害・木曽川散策

九州の南部で大雨が降り、その次は岐阜県の温泉郷である下呂市や長野県で降り、昨日の午前中頃に止み又、今朝から雨が続く予報でした。

昨日までの雨は、私が住む所より3km離れた木曽川に、今朝頃到着するのではないかと思い、昨日の夕方に木曽川の堤防を散策してきました。
なお、下呂市の少し北側が分水嶺になっており飛騨川は木曽川水系で、高山市内を流れる宮川は日本海に流れ込みます。

毎年、今頃に旧友と行うバーベキュー広場は完全に水没しておりました。

s-DSCF1094.jpg

パークゴルフ場や公園になっている場所も水没し、ホールの旗が見える程度でした。

s-DSCF1096.jpg

簡易トイレが流されないように堤防に引き上げてありました。

s-DSCF1091.jpg

木曽川の川幅は500mぐらいですが、場所によって異なりますが写真の場所は、右岸と左岸で200mぐらいの河川敷があり、公園やスポーツ施設が造られており、国宝の犬山城の犬山市から下流には、40近くの河川敷があり大水が出た時の貯水池になっています。

前にも紹介しましたが明治政府がオランダから、デレーケ技師を招き現在の木曽川、長良川、揖斐川に分離し、当時としては異様に感じる河川敷だったと思いますが、今となってはデレーケの先見性に感謝です。

s-yjimage[2]

堤防は結構な高さがあります。

s-DSCF1106.jpg

堤防は車で通ることが出来るので初めて上流に向かい走って見ました。
40隻程のレジャーボートなどの係留地らしく、泥水は容赦なく押し寄せておりました。

s-DSCF1111.jpg

最後にオチがありました。
進行停止の立て札があったので、堤防の道路から降りることにしましたが、何があったのか複数の警官と、オートバイに乗っている人たちが揉めておりました。
記念に堤防から降りてズームで「パチリ」としてきました。

s-DSCF1112.jpg

木曽川が益水するにはもう少し余裕があり、昨日の午前から降らなかったので、大丈夫かと思いますが昨今では有り得なかった水量でした。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

おはようございます

慎重なはずなのに、わざわざ見に行かれたのですか?
警察官が止めるにはそれなりの理由があるのですから
若者たちは罰金ものですね、こういう危険な時にはあまり喜ばしいことではないでしょう。
記念撮影はできても、暫くはこういう場所から離れた方がいいと思いますよ。

こんにちは、

いえ、走った道は通行規制もなく、大型はNGですが普通車は走れるところです。
警察と若者は事故だったと思います。
木曽川の堤防は道路に使用されるところがあり、対岸は大型トラックもOKで産業道路のようにトラックが走っています。
ネットで水量を確認したら普通に戻っており、見に行った時が最高位
だったかも知れません。