FC2ブログ
2020/06/24

日記・ブレーキとアクセルの踏み間違い装置

昨年まで高齢者が車を運転の際に、ブレーキとアクセルの踏み間違いが問題になりましたが、コロナ騒動でこの話題はすっかり消えてしまった感がありました。

ところが、最近になり今月末に発行される市の広報紙で踏み間違い防止装置を取り付ける費用の補助が掲載されることが解りました。

「踏み間違いなんて実際あるの?」と疑問を持っておりますが、実際には年間で6,000件程度発生しており、高齢者も多いが若年層も多いようです。

私は軽のホンダのN-BOXを3年ほど前に買い換え、一昨日の病院の近くの販売店で購入したので立ち寄りましたが、詳しいことは調べて後ほど連絡をいただくことになりました。

ついでに近くのオートバックスに寄り聞いてみましたが、「ペタルの見張り番2」は取付費含み44,000円円(税別)で、国からの補助が20,000円あり残りの24,000円は県や市が補助の対象となり、それぞれの県や市で異なると説明がありました。

帰宅し取り付けても良いかと思っていた時に、先ほど立ち寄ったホンダから電話が入り「あなたの車は追突防止装置が付いているので、踏み間違い防止装置を取り付けることはできません」と連絡がありがっかりしました。

s-DSCF1071.jpg
左→モニーカメラ 右→追突防止カメラ

最近は、こうした後付け装置だけでなく希望すれば新車に取り付けることもでき、それも対象で当市の場合は申請が7月から来年の3月末日まで、公報で発表された後では希望者が殺到する恐れがあるので、知人には早く知らせてやろうと思っています。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

おはようございます

以前は、間違い防止装置をつける方も多かったようですが今はさまざまな抑制装置がついているから無用だと思います。
居眠りを起こしてくれるくらいですから、いずれ自動運転が主流になるかもしれませんね。

こんにちは、

私もモニターカメラの他に、もうひとつカメラらしきものがありますが、気にも留めずに使っておりました。
追突防止装置が付いていることを知り、少し安心しました。
車もどんどん進歩し、自動運転の時代がくれば我々には幸いですね。