FC2ブログ
2020/04/19

日記・米は余り気味でも小麦粉は不足

コロナウイルス問題が、いつ終息して普通の生活に戻れるかは誰も分かりません。
しかし、早く終息しても食料の輸入が大きくストップされる予想があり、今までのような食生活を続けることは出来ないでしょう。

まず、コメ類は通常の収穫があれば外食産業が痛手を負うため、不足することはなく、むしろ余るでしょう。

問題は小麦粉や大豆の輸入は期待できず、パンを始めとした小麦粉で作る食品は高くなり、多くの食品に使われている小麦粉の輸入が減ると色々な美味しい食べ物は無くなる恐れがあります。

その他では輸入に頼っている安い牛肉や肉類や魚類が少なくなり、今までの食卓とはガラリと変わった物が並ぶでしょう。

極端に言えば、戦後からバブル期に入る頃の食物と同じ食事内容になる恐れが予想されます。
食料品の60%以上を輸入しているツケがきて、「グルメ」などは死語になるかも知れません。

他にも石油製品はどうなるのか、円安か、それとも円高に振れるのかも懸念されますが、食生活を中心に今までの便利な快適な生活に戻れるのは相当な年月を要するような気がします。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

おはようございます

自給自足、自助自立という基本に立ち戻るだけだと思って
腹を括って対応しましょう。

おはようございます、

大災害でもコロナ問題でも食料や、基本的なマスクや医療用具を海外に頼っている国の脆さが浮き彫りになりました。
安いから海外で作る方式が、見直されないといけないでしょう。

No title

過去記事にすみません。

私も食糧難を心配しています。
日本は殆ど輸入に頼っているので、
大変なことになりそうです。
と言う話を実父にしたら、
「梅干しはあるか?」と言われました。
認知症が進んだのかと心配しましたが、
「米と梅干があれば生きていける」とのこと。
な~るほど。
戦争を知っている世代は強い。
しみじみ思った次第です。
(後日ブログに書きます^_^)

こんにちは、

現在は、あまり触れられておりませんが、小麦粉、トウモロコシ、飼料等の輸入ば大幅゛に少なくなると思います。
戦後は「梅干しか漬物があるだろう」と親の声で納得しましたが、グルメしか知らない人たちにとっては厳しいかも知れません。
でも、コメは不足しないと思います。