FC2ブログ
2020/04/11

マンション・ ⑪ ディサービス送迎車駐停車スペースの確保

私は、昨年の定期総会でディサービス等の送迎車のスペースを確保するように提案しました。

マンションの前の道路は狭い道で、近くに私鉄の踏切があり、本来トラックなどは通行禁止区域ですが、近くの工場があるため許可をとって通行しているものと思われます。

従って建物前にはフラワーポットを置いて駐停車を防止しておりますが、反面、ディサービス、児童福祉施設、救急車の利用者に対してフラワーポットは邪魔者で危険物になっており、撤去して介護用の車を歩道や建物の一部で安全に乗降ができるよう提案しているのです。

㊟ 歩道は都市計画のため、将来的に市が買い上げることになっておりますが、その見込みは全くなくマンション所有者の所有となっています。

s-DSCF0761.jpg

ディサービス等の車の乗降は短時間で終わりますが、車いすの乗降や救急車は搬送先の確認に手間取り、車いすやストレッチャーを乗せる際に追突される恐れもあります。

そこで、昨年の夏ごろにアンケートを取ったところ圧倒的に賛成者が多かったものの、郵便受けや宅配ボックスの改修などを含めての提案で今年の総会で提案できるまで煮詰まっていない状況でした。
郵便受けや宅配ボックスの改修は時間をかけて討議し、反面、ディサービスの送迎車の駐停車場所は難しい問題でもなく、理事会で決定できる案件であると思われます。

安全に関わる提案を一年かけても結論が出せないのは、戦いの連続で今の管理組合を作り上げと自負している私の気持ちが許せません。(ちょっと大袈裟)

そこで、初回の理事会では時間がなく議論は出来なかったものの、事前に調査した具体的提案書を全員に配布し、次回の理事会で討議することを確約しました。

関係のない人は無関心も止むを得ないかも知れませんが、利用者にとっては大きな問題で、現在の情勢では定期大会は簡単に終えましたが、一週間前に行う議案書説明会で取り上げた結果、帰りにディサービスに通っていると思われる家族の方から「あなたの意見に賛成で、実現に力を貸してください」と言われました。

私の妻がディサービスに通っていた時は、何か引け目を感じて問題として提起することは出来ず、乗降に花壇が邪魔になり何回も危険な目にあいました。

これは来月の理事会で決着をつけないといけない問題なのです。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

おはようございます

住民の高齢化が進むと、デイサービスの車の問題は起きてきますね。
正直に言って、お迎えの車を止めて乗せている間の
狭い道ではちょっとなあという思いもありますから
この試みはとてもいいことだと思います。

こんにちは、

入居時には考えられなかったことが、多くの現実が起きており管理組合も時代に合った対応が必要かと思います。
ディサービスに通う人や家族が、安心して乗降できるようにしたいと思っています。