FC2ブログ
2020/01/20

日記・80%の日本国民は死刑制度に賛成

内閣府は、去年11月に全国の18歳以上の3000人を対象に、死刑制度などについての世論調査を行い、52%に当たる1572人から回答を得ました。

それによると、制度の存廃について、「死刑もやむをえない」と答えた人は81%だったのに対し、「死刑は廃止すべきだ」と答えた人は9%だったそうです。

このうち、「死刑もやむをえない」と答えた人に複数回答で理由を聞いたところ、「廃止すれば被害を受けた人や家族の気持ちがおさまらない」が最も多く、57%。次いで「凶悪な犯罪は命をもって償うべきだ」が54%でした。

各国から「日本の死刑制度は野蛮だ」といい、世界は死刑廃止の方向にありますが、これには色々な歴史や宗教が関連していると思います。

以前にも書いたことがありますが、日本には江戸時代から理不尽な殺され方をした場合は、「仇討ち免状」で仇を取る制度がありましたが、明治に入り廃止され、法律に変わり司法制度が確立しましたが、当時の制度は無実の人も有罪にするという間違いも多くありました。

しかし、ヨーロッパ地方も「ギロチン」もあったようですが、信仰されている宗教には『汝の敵を愛せよ』のように、「死には死を」が改めてきたものと思います。

シンガポールでは大麻を500g以上持ち込むと死刑で、ガムの持ち込み、バス内での飲食、トイレの水を流さなかった場合も罰金刑になります。
シンガポールは中国系、マレーシア系、インド系の他民族国家のため厳しい法律が当たり前になっており、治安は比較的に良いようです。

私は死刑制度の賛成ですが、それぞれの国の歴史や人口構成が要ことなるため、要するに『郷に入ったら郷に従え』の諺のように、海外へ出かけたら該当国の法律に従うことか必要だと思います。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

おはようございます

今のように緩くなってしまっては、国家の先行きが危ぶまれます。
薬物犯罪には厳罰を、そして『命には命を持って償え』です。
精神障害など言い訳にして、それで犯罪を繰り返す危険が高い。
決して、甘い判決は下すべきではないと思います。

こんにちは

“目には目を、歯には歯を”
ハムラビ法典で有名なフレーズですが、これは必要以上に重い罰を与えろと言っているのではなく、犯した罪と同等の罰を与えるようにと言っているようです。
他人を殺めたら自らの命をもって償うという当たり前の感覚が“人権”という甘言の基に忘れられているように感じております。
一般人の感覚を取り入れるということで裁判員制度が取り入れられましたが上告されて減刑される現実を見るとやりきれません。
被害者より加害者の人権が優先されるているように感じていいるのはワタシだけなのでしょうか?

こんにちは、

はっきり言って殺人者は全てが精神異常で、彼らを正常か否かを診断することは無駄なことで、精神異常者だったら罪が免罪になる法律が滑稽だと思います。
役立つ犯罪も多数の国民が常習者になれば、国は崩壊するでしょう。
シンガポールは他民族国家のため、他国より危惧しているものと思いますが、日本も甘い態度度は将来が心配です。

こんにちは、

犯罪を犯しても犯人の人権は語られますが、被害者の人権は忘れられがちです。
世田谷区の一家殺人事件の被害者家族が家を公開しましたが、先ほどまで生活していたという実感でした。
裁判員制度が取り入れられても、外国等から批判があると、あっさりと態度を変える裁判所って法律を知っているのか疑問です。
おそらく、オウムの一斉死刑が非難されたのでしょう。
毅然とした態度がなさすぎます。