FC2ブログ
2020/01/15

真性多血症・⑤偶然の連続で命を繋いできたが

現在では真性多血症の治療には当たり前に使われている『ハイドレア』がありますが、今は高価な新しい薬も開発されているようです。

t
ハイドレア

しかし、ハイドレアは白血病の治療薬で真性多血症に使うことが認められたのが、数年前の最近のことなのです。
私は何故か20年ぐらい前から服用しており、そのため60歳頃の最悪時代から病状が進まず、今では良くなっている部分もあることが不思議です。

担当医は血液内科医と他の仕事の二足のわらじを履く方で、ハイドレアを服用していた当時の私は『白血病の患者』になっていないと辻褄が合いません。
何れにしても現在の担当医に出会ったことが人生の分かれ目で、私の人生は偶然の積み重ねなのかも知れません。

以前にも書いたことがありますが、私は30年以上も熱、咳、風邪で薬や医師の世話になったことはなく、頭痛や腹痛(下痢)にも縁がありません。
また、高齢になっても今のところ肩こりや足、腰の故障はなく普通の生活を送っていることはうれしい限りです。

真性多血症という希少で一つ間違えば、あちらの世界に転落するような病気持ちの反面、日常的な病とは縁遠い生活を送っていますが、特に健康に注意することなく食べ物でも納豆は大嫌いでマスクなどは掛けたことがありません。

もし健康法は何かと問われれば、菌を嫌うより仲良くすることや、粗食を腹八分目しか食べないことでしょうか。
今はご馳走を食べて腹一杯食べて、痩せることに苦労することは、ちょっと理解できません。

といっても、これらは今日までのことで明日から風邪で寝込み、腰痛で外出もできなくなる日々を送るかも知れません。
「偶然」の連続で命を繋いできた私にとって、明日に何が起きても不思議ではないのかも知れません。(完)
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

春駒さん、こんにちは。

私は、真性多血症という病気については知りませんでした。

白血病の治療薬を服用されていることで病状が良くなっているというのは、良い先生に出会えたことが幸いと言えるのでしょうね。

黒ニンニクなども良い影響を与えているようですし、これからもお体に気をつけてお過ごしください。お大事になさってください。

こんばんは、

ありがとうございます。

5万人にひとりぐらいの患者ですから、一般の方以外に真性多血症患者を診察をした医師は少ないと思います。
未治療では2年ぐらいの余命で、診察を受けても数年後には色々な病気が出てくるようです。
幸いにも私は高血圧ぐらいで(歳のせいもありますが)、今のところ全く関連した病は出ておりません。
ほんとうに良い医師に出会い、他にもピロリ菌や胆石を見つけて頂いた恩人です。
黒ニンニクも数値的に証明でき、私自身が驚いています。
お互いに健康に留意して過ごしましょう。