FC2ブログ
2020/01/09

日記・負け犬の遠吠え


本日、2回目の投稿です。

ゴーンが逃亡先で記者会見を行ったようです。

「郷に入ったら郷に従え」が基本で、ゴーンも日本の法律が良いとか悪いとかは別にして、日本の法律が万全とは思われませんが、日本に住んでいた以上は、日本の法律を守る意思があって日産で仕事をしたのではないでしょうか。

レバノンでも同じだと思いますが、我々から見たら不合理の法律があるはずですが、入国したらなら守るしかないのです。
それとも、レバノンは法律などを守るより金とコネがあれば無視しても良いお国なのでしょうか。

ゴーンが真の人間なら何百億円も使って逃亡するのではなく、自分の考えを裁判所の中で堂々と訴えればよく、楽器の箱に入ってコソコソと逃げることは日産でどんな経営をしてきたのか疑問です。

今後はゴーンや妻の銀行口座が日本にどれだけあるか分からないが凍結されるだろうし、スイス銀行も犯罪者の預金を凍結も考えられ、レバノンの家も日産の所有物のようで逃亡しても豪華な生活は遅れないという評論家もコメントしているようです。

所詮、ゴーンが逃亡先から「私は無罪だ」と叫んでも、『負け犬の遠吠え』に過ぎないのです。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

こんにちは

まさしく負け犬ですね。カネでしか自分優位を構築できないのは
ただの犯罪者でしかありません。
とんでもない男を日産を招聘したものですね。
あれだけのコスト化ッとすれば、ゴーンでなくても
日産の立て直しは可能だったと思っています。

こんばんは、

もっと変わった「記者会見」を行うかと思ったら、極々普通の会見で「逃亡者」のレッテルを持っているからでしょう。