FC2ブログ
2020/01/05

日記・無責任なゴーンの弁護士

本日、2回目の投稿です。

ゴーン被告の弁護人を務める弘中某弁護士が取材に応じ、弁護団が辞任を検討していることを明らかにしたようです。

何と無責任な発言かと思います。
日本の弁護士なら結果がどうあれ直ちにレバノンに飛び、ゴーン被告に面会を申し入れ日本に戻るように説得することが弁護団の仕事ではないかと思います。

この弁護士は、「日本の訴訟制度に疑問を持って出国したのではないか?」と日本の法律を否定するような発言をテレビで聞いたことがあります。

確かに日本の刑事訴訟法に問題点があることは事実でも、現状では日本の法律に従って弁護活動を行わなければ弁護士としての資格がないと同じです。

勘ぐれば、勝てない裁判をゴーンが逃亡したことで「負けない裁判」になったことかも知れません。
これでは、「無罪請負人」の看板が地に落ちたと同じかと思われます。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

遅ればせながら、新年おめでとうございます。
さて、この件に付きましては憶測では有りますが弁護士と何らかの取引が有ったのでは無いかと勘ぐっているところです、ゴーン被告は相当な資産が有るだろうし、弁護士としても一生遊んで暮らせて余りある○○が手に入れば弁護士を引退してもいいものね・・・
後は想定外であったと宣言し続ければいいのですよね・・・私の憶測でございます。
本年も宜しくお願い致します。

おめでとうございます。

こうした大胆なことは、家族だけでは無理で金を使ってあらゆる手段で行い、複数の日本人が加担しないとできないことでしょう。
関与している、していないに関わらず弁護団の責任は重大かと思います。
こちらこそよろしくお願いします。