FC2ブログ
2019/11/24

日記・「一斉ノー残業デー」を切る


去る11月20日(水)に愛知県が「働き方改革」の一環として、「愛知県内一斉ノー残業デー」が行われ、主要駅でキャンペーン活動を行ったというニュースをテレビで観ました。

s-233344[1]

これって、何か変ではないでしょうか?

常日頃から忙しい時は残業し、そうでない時は定時に帰れば良いことで、キャンペーンまで行って「一斉ノー残業デー」などは自主性がないことや「個の確立」が乏しいことにつきます。

私は現役時代に途中入社直後から、「個の確立」の必要性について良く言われたものです。

教育評論家の「尾木ママ」も次のように主張されています。

日本では協調性が必要以上にもち居られます。
しかし、個が確立していない協調性は時に共依存、付和雷同に流されて危険ですね
忖度文化を生んだりしがちです
しっかり自立することがこれからの時代大事だと思います。



「個の確立」が弱いため、政党支持でも政治問題でも自分の考えでなく、上司や友人の意見に従うことにより「忖度政治」が蔓延るのではないかと思います。

また、自立心がなてため詐欺で大金を奪われたりして、後悔する高齢者も少なくないのではないのでしょうか。

「一斉ノー残業デー」などは「個の確立」から大きくかけ離れ、人間が自分で考える力を奪うもので、支配者にとっては都合の良い物でしょう。


※都合により当分の間「ブログ村」のバーナーを貼らないことにします。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

おはようございます

自主自立こそ、私の生きる基本です。自立する素晴らしさは何物にも代えがたいと思います。
忖度って、現状を見ていると権力者に阿て自立には遠くなっているようで不愉快です。
個人ではそう悪くもヘンな人でもないのに、すぐに徒党を組んで一斉に同じ方向を向いてしまう
韓国人って、幸せなのかしらね。あれじゃ、いずれ韓国はなくなりますね。

おはようございます、

日本人は自分で物事を考えさせないように仕向けられているのでしょう。
80年前の戦争の教育が現在でも影響し、上の考えが全てという気風が今でも続いているのでしょう。
それが政治にも蔓延り「忖度政治」が生まれる土壌が育ったのだと思います。