FC2ブログ
2019/11/22

日記・「桜が散るかい」

「桜を見る会」をめぐり大きな問題に発展しています。
招待者の選考基準のあいまいさ、予算の膨張が問題となるや、突如、来年は中止が決定されましたが、今なお疑念が晴れたとはいえず、安倍晋三総理の後援会会員を対象とした「夕食会」をはじめ、多くの問題が議論を呼んでいます。

s-img_47779f21cf2c2de9a56f9595fc818ca63735595[1]
テレビで観る顔もたくさんお見えですが何の功労者でしょうか?

まず安倍晋三後援会の「夕食会」についてです。
この「夕食会」については「ホテル・ニューオータニで1人あたり会費5000円のパーティーが可能か否か」が世間の注目を集めると同時に、2013年から昨年まで安倍総理の後援会の政治資金収支報告書にこの「夕食会」の記載がないことが、政治資金規正法に反するのではないかという疑いを野党が追及しています

結果的には税金で自分の支持者拡大を行ったことになり、「1人5000円」が真実でないなら公職選挙法違反であり大問題であることはもちろんですが、それと同時に、この「為政者は国民から選ばれたことによって正当性を持つ」という意識の欠如こそが、「桜を見る会」の前夜に行われた安倍晋三後援会の「夕食会」で明らかになった最大の問題であると思われます。

以前にも書いたように小選挙制度等の問題に加えて、政治改革の名のもとに官僚の人事権を政府が行うことにしたことや、政党交付金が党本部に配られ自民党本部と異なった意見が出せなくなったこともあるゆうです。

「桜を見る会」を巡る問題で、公選法違反だなどと主張して市民団体が安倍晋三首相に対する刑事告発状を東京地検に提出したと報じられ、今後は、地検がどう対処するかが焦点になっていますが、「桜を見る会」に招待されたと思う某弁護士などは「検察は受理しないだろう」と早くも防御に回ろうとしています。

個人的には今は民主主義の危機で「桜が散る会」になって欲しいと思います。



にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

おはようございます

澱んだ水は腐る。 まさにその通りだなと思いますね。
チャライ経産出身が権力の中枢を牛耳っている間は、政界の浄化などできないでしょう。

こんにちは、

長くやったより「国民のために何をやった」かが重要かと思います。
私は個人的に安倍と鳩山は生理的に受け付けられません。

FC2のご機嫌が治ったかな?

テスト投稿