FC2ブログ
2019/11/19

日記・不正薬物関係者の罰


沢尻容疑者が麻薬使用で逮捕されましたが、報道によると強い薬物を10年以上も前から使用していたようです。

昨年度の不正薬物押収は886件で1,493Kgですが、押収されない量は何倍あるか分かりませんが、それだけ日本での使用者が多いということです。

不正薬物を使用したり所持した場合に夫々の条件はありますが、中国を始めシンガポール、タイ、インドネシアなどのアジア圏と、イランなどの中東諸国では死刑の罪になり、以前は何と乱暴な国と思っておりましたが、最近の日本の状態を見ていると死刑制度が解るような気がします。

不正薬物は本人を破滅させるだけでなく、国の存続に影響があり利用者が蔓延すれば日本が消滅する恐れもあり、死刑を採用している国もそうしたことを恐れた結果でしょう。

不正薬物を使用して断ち切れた人の話でも、「殺されても良いから薬物の誘惑に負ける場合があった」と供述していまましが、それほど不正薬物の誘惑が強いのでしょう。

私は不正薬物を使用したり所持して(事前に許可された場合を除く)罪に問われた場合は2回までは更生する機会を与え、3回目に逮捕された場合は死刑執行はやむを得なく法の改正が必要だと思います。



にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

おはようございます

面白半分に違法薬物に手を出し逮捕に至った者については、1度きり仮釈なしの
実刑2年で、2度目はないと思い知らせるべきだと思います。水面下の薬物関係者が
どれほどの数字に上っているか、正確には把握できていないと思います。
なので、執行猶予など無駄な時間は与えず、死刑を含む厳しい処罰で対応するしかないと思います。

こんにちは、

人によっては「厳しすぎる」と思う人がいるかも知れませんが、厳しくして極力ゼロに近づけないと国が亡び懸念があります。
おそらく、検挙されなくて表に出ない常習者が何倍いるか解りません。