FC2ブログ
2019/11/14

日記・同級会レポート⑤

高齢の方ならご存知でしょうが、中日ドラゴンスでフォークボールを投げた杉下茂選手は活躍されましたが、現在94歳になられ東京でご存命のようです。

杉下氏は東京生まれですが彼の父親の実家で、叔父さんが八幡町で薬局を営んで見え、その後店は人手に渡ったようですが、現在は画像のように白ペンキを塗り廃業になっているようです。
杉下氏は現役時代は郡上八幡へいらっしゃったそうです。


s-DSCF0423.jpg

今はシナモンが体に良いと言われておりますがニッキは異なり、シナモンは幹の樹皮を乾燥させて使うのに対し、肉佳は根っこの部分を使うのが特徴です。
明治20年から肉佳玉(にっけいだま)という菓子を製造・販売している「桜間見屋」(おおまみや)が現在も営業しておりますが、私はシナモンも肉佳玉も食べることが出来ません。


s-DSCF0421.jpg

昭和の時代に郡上のボスとして活躍した平野三郎氏の実家は、現在も酒造業を続けて見えます。
平野氏は慶應義塾大学在学中に左翼運動に関わり検挙され、その後中退し八幡町長、国会議員、岐阜県知事を歴任し最後は県の入札でヘマをして執行猶予4年の判決を受け82歳で亡くなられました。


s-DSCF0422.jpg

街角に郡上踊りの像があり、これも初めてみました。

s-DSCF0455.jpg


にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

おはようございます

やはり古い建物はいいですね。
見ていても、いいなあと呟くほど素敵です。
自分の生まれ育った家は祖父が亡くなって3回忌がすぎたのを待っていたように
取り壊して、父好みの家に変身してしまって残念です。

こんにちは、

八幡の建物は京都のように間口は狭く、奥行きが長いのです。
江戸時代は間口の広さで税金が変わったと言われております。
その中でも間口の広さと頑丈さは2軒以外にないと思います。

何故?シナモンも肉佳玉も食べられないの?
単に嫌いってこと???

おはようございます、

子どもの頃から肉桂玉が食べられないのです。
小さい時に嫌な想いがあったのかも知れません。
内緒ですが、納豆も嫌いですが仕方なく食べていますが、あれが美味しいという気持ちが分かりません。(笑)