FC2ブログ
2019/10/31

介護・特養の現場③

厚労省が今年発表した平均寿命は女性87.32歳、男性81.25歳です。

しかし、「平均寿命」は亡くなった人の寿命ではなく、今年生まれた女の赤ちゃんが87.32年生きることで、我々の考えが少し間違っているようです。

現在でも超高齢化ですが、約40年後の2060年にはスーパー高齢化の時代がやってくるそうで、2.5人に一人が65歳以上になり、4人に一人が75歳以上になり、おそらく現在のような日本が維持できなくなると思われます。

極端なことを言えば日本の国力が無くなり、どこかの国の植民地になっても不思議では無いでしょう。

男性より女性の方が長生きすることは事実で、妻が入所している特養のユニットでも男性2人、女性8人で、次のように科学な裏付けがあるそうです。

理由.1
女性ホルモンのエストロゲンが血圧を下げたり、悪玉コレステロールの血中濃度を下げる働きがあるため。

理由.2
基礎代謝量が女性の方が少なく、少ないエネルギーで生きていける。つまり環境の変化に適応しやすいため。

理由.3
健康意識が女性の方が高いため。

私は日本の将来は真っ暗なような気がします。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

おはようございます

長生きするのも罪になるような感じがしますね。
だからと言って、自分で頃合いをみてあの世へということもできないし・・・。
最近の若者の不甲斐なさも相まって日本の将来は暗いかも。
痛手を実感してはじめて気が付いても遅い。いずれ各国の草刈り場にならなきゃいいと思っています。
わたしたちが生きている間は、混乱しながらも日本は日本でいると思いますけど・・・。

こんにちは、

日本の将来を考えると背筋が寒くなります。
結局は、行くところまで行かないと分からないのかも知れません。
いつか、「昔の日本は・・・」として語られないことを願うばかりです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます