FC2ブログ
2018/02/18

日記・確定申告、医療費控除について

年金受給者は、一定の収入に達しないと確定申告は必要なくても地方税の申告は必要で、確定申告により少しだけ所得税が還元されますが、家族の医療費が10万円を超えている場合は申告をするほうが良いと思われるため、重い腰を上げて準備を開始しました。

今年から医療費の領収書の提出は不要(但し、5年間保管義務)ですが、「医療費控除の明細書」の届が必要になったようです。

まず、「医療費集計フォーム」を入手し記入し、必要事項を入力するとソフトが計算してくれますが、「医療費の区分」欄では○ではなく区分に「該当する」の入力でないとソフトが受け付けないようです。


医療費集計フォーム

次に、提出が必要な「医療費控除の明細書」は、手書き用のダウンロードはありますが、入力出来るものを見つけ、必要事項を入力すれば医療費の合計等が計算できました。

医療費控除の明細書フォーム
「医療控除の明細書」ではありません。

入力事項は、
「医療を受けた人の氏名」
「病院・薬局などの支払先」
「医療費の区分」
「支払った医療費の額」
「生命保険や社会保険などで補填された金額」
が必要で、「医療費の区分」の「介護保険サービス」が該当する場合は、最上段に記入しないと□欄にチェックが出来ないようです。

自分で確定申告書を作成するには、こうした前作業が大変ですが、これも「頭の体操」として楽しんで進めております。

春駒



にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康管理へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント