FC2ブログ
2019/10/23

真性多血症・「今月も無罪判決でした」(上)


私は今までに何回も書いているように、5万人に一人しか罹らない真性多血症患者です
つまり、多くは異形な血液を多く造りすぎ、血栓やそのたの病気を誘発し治療をしなければ余命は18ケ月で、高血圧、血栓症、脳梗塞、心筋梗塞や皮膚が真っ赤になる病気になり、治療を受けても10年生存率は72.8%程度と言われております。

私が真性多血症と分かったのは会社の定期健康診断時で、健康保険組合の指示で〇日に〇〇病院の血液内科を受診することと、半ば命令により正式に病名が判明した物の、記憶が悪く今から30年前頃ではなかったかと思います。

現在は色々な薬が開発されておりますが、当時はアスピリンを処方され月に一度ほど血液を400ccほど抜いて捨てる「瀉血」しか治療方法がありませんでした。

私の血液検査が最悪時は60歳前後で次のような数値で、現在は随分減りました。

〇白血球・基準値(10-47)・最悪時(289)・現在値(119)
〇赤血球・基準値(420-550)・最悪時(805)・現在値(387)
〇ヘマトクリット基準値(40.4-51.1)・最悪時(59.2)・現在値(40.0)
〇血小板数(13-37)・最悪時(125.8)・現在値(54.8)

赤血球が基準値より低くなっているので担当医に聞くと、ここに記入していない粒が大きいので問題ないと聞き安心しています。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

こんにちは

標準値というのがあると、それを外れていると気になりますよね。
でも、無罪放免、おめでとうございます。
何か一つでも病気があると、大丈夫だと聞くまではドキドキしますねぇ。

こんにちは、

毎日、平常心でいるように見えると思いますが、10年ほど前に担当医から将来的には真性多血症から貧血症になり輸血が必要になるか、急性白血病に転化する恐れもあると言われているので覚悟はしています。
覚悟を決め毎日遊びに熱中しています。(笑)