FC2ブログ
2019/10/15

災害・台風19号と国連演説の「あなたたちの裏切りに気づき始めています」


台風19号の大雨により今でも(14日正午)堤防から益水したり、決壊が発生しているようです。

今回の台風の勢力が強く通過地より遠く離れた長野、富山県でも大きな被害になったことは驚きですが、ここ数年間にわたり台風が巨大化していることを考えれば、行政も我々も真剣に考えてこなかったと言えます。

特に東京都のように財政が豊かのため地下に巨大な雨水貯留槽が造られており、多摩川系による被害で済んだものと考えられます。

今までを振り返って考えると、政治家が箱物を造ることは身近に成果が解るし、選挙民も拍手喝采のきらいがありましたが堤防などは明治時代か、それ以前のままで行政もハザートマップを作り広報するものの、根本的な解決には手つかずなのです。

何十年か前に、木曽川に大きなユンボを使って砂利等を救い上げ建設資材に使用しておりましたが、岩石等を機械で細かくして使用する方がコスト的に有利なのか、いつしか止めてしまいました。

どこの河川でも上流から石や泥等が流れてきて川は浅くなっているはずで、されだけ貯水能力が少なくなっているはずです。

また、いまさら堤防を広げることは無理でも川底を深くしたり、堤防を強固に高くすることは可能で、ハザードマップは不要とは言いませんが、何かちぐはぐさを感じます。

今回の被害が温暖化によるものとしたら、温暖化につながる行為をゼロにしても向こう50年100年は台風による風雨が拡大し、来年は今年以上の被害が日本のどこかで発生するのではないかと危惧しています。

国連で演説したグレタ・トゥーンベリさんの、「あなたたちの裏切りに気づき始めています」の言葉は、今回の災害でも胸にズシッとくるものがあります。



にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント