FC2ブログ
2019/09/16

マンション・車の盗難や不正駐車 (7)

臨時の理事会を構成する前に軽自動車が2台と、バイク置き場でガソリンが抜き取られる盗難がありました。
また、1階では買ったばかりのテレビも盗まれましたが、道路側の窓の施錠がやられてなかった理由だったようです。

高級車を盗むのではなく,軽自動車を盗むとは若いものの仕業で、おそらく鍵が車につけたままになっていたのではなかったかと推定されます。
つまり、入居者もアパートの前に車を停めたままの常識だったのかも知れません。

警察で捕まった若者は「あのマンションへ行けば欲しいものは何でもある」と語ったと聞いたことがあります。

もうひとつ困ったことは、不正駐車で全住戸分の駐車場はあっても、家族構成によっては2-3台所有するところもあり、駐車場内のあちらこちらに不正駐車が一杯でした。
これは管理会社から理事会の運営を委任された直後の事で、わたしも現役世代だったので会社から帰ると不正駐車へのビラ貼りが日課となり、何十枚貼ったか記憶がないほどでした。

しばらくするとマンションの周囲の農家の地主が田んぼを埋め立て貸し駐車場を造ってくれたので解決の方向に進みました。
公共交通の不便な田舎では車の所有は必需品ですが、田舎だからこそ遊休地に助けられている面もあります。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

おはようございます

まさかの泥棒天国になっていたのですね。その当時の田舎では鍵かけも大雑把だったのでしょうか。
うちの自転車1台くらいはいいだろうというような安易な発想だったと感じます。
やはり、最後はそれぞれの人、家庭の意識を変えていくしかないですね。

こんにちは、

盗むのなら高級車でしょうが、軽とは以前からの風習でカギを付けたままだったと推定しくした。
問題はこれからで、入居者の意識や管理会社等の対応に呆れることが続きます。