FC2ブログ
2019/07/12

昔物語・名古屋の「3億円事件」


「3億円事件」というと、1968年12月10日に東京都府中市にて発生した日本犯罪史上最高の最も有名な犯罪が知られていますが、名古屋市でも「立派な?3億円事件」があったことはあまり知られていないようです。

犯人は名古屋城近くのキャッスルホテルの一室に医師を監禁し、病院側に3億円を用意させ非常階段から逃走した事件がありましたが、当時は病院関係者もグルではないかと疑われ、病院は一時休業を余儀なくされましたが、しばらくして再開されました。

この事件も迷宮入りかと思われましたが、東京で犯人が逮捕されたニュースがあり、その翌日には護送されることを知り偶然にも名古屋駅で見ることができました。

ある夏の正午近くに多数の報道陣が集まり始めたので、珍しいこともあり新幹線の出口付近で見ていたら、50人前後の記者やカメラマンが雪崩のように犯人の後を追って行くのについて行きました。。

雪崩の中からは「バカヤロウ、足を見踏むな」とか、このやろう、押すな」の罵声が飛び、一瞬でしたがジャンパーを着て腰に縄をかけられ後頭部が薄くなった犯人らしき人をみることができました。
犯人が乗った警察車両が立ち去ると「オイ、撮れたか」とか「これでは大目玉だな」の会話を聞き、まるでサスペンスドラマを観ているような錯覚に陥りました。

これには後日談があって、犯人が護送されてくるのを待っていたら会社の女子社員が通りかかり事情を説明すると、「私も見たい」ことになり帰社する時間がだいぶん遅れてしまい心配していたので、「ああいう事を見るのも仕事のためになるはずです」と言い訳すれば良いと悪知恵をつけ彼女が戻ったら案の定、上司に怒られたので「ああいうことを見るのも・・・」と言ったら課長は以後は何も言われなかったと後々に聞きました。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

こんにちは~

名古屋はお金持ちが多いから、気をつけないといけませんね。
でも、そういう場面だったら私も撮ってみたいと思います。
さすがに、周囲に50人もいては無理かもしれませんが、撮れなくても参加!
おかげ様で、痛みはありますが順調のようです、ありがとうございました。

こんにちは、

退院されたようで良かったですね。
でも、無理は厳禁ですね。

記者たちの本音を後にも先にも初めてみました。
職業とはいえ凄い場面に出くわしました。