FC2ブログ
2019/07/04

日記・特定の交通違反について


2017年3月から道路交通法が改正になり、75歳以上のドライバーには新たに認知症検査が加わり、本ブログでも警察庁発表の試験問題を紹介したことがありますが、三度掲載致しますので参考にして頂けれ幸いてす。

認知機能検査

しかし、認知症検査は知っている人も特定の交通違反を起こした場合は罰金だけでなく、私の周囲の友人たちでも、各都道府県の運転免許試験場で、1ケ月以内に講習を受けないと免許が失効することを知っている人が少ないようです。

特定の交通違反とは次の18項目です。


1.信号無視
2.通行禁止違反
3.通行区分違反
4.横断等禁止違反
5.進路変更禁止違反
6.しゃ断踏切立入り等
7.交差点右左折方法違反
8.指定通行区分違反
9.環状交差点左折等方法違反
10.優先道路通行車妨害等
11.交差点優先車妨害
12.環状交差点通行車妨害等
13.横断歩道等における横断歩行者等妨害
14.横断歩道のない交差点における横断歩行者妨害
15.徐行場所違反
16.指定場所一時不停止等
17.合図不履行
18.安全運転義務違反


G20も終わり警察関係者には一定の「違反予算」が組んであるため、G20が終わり夫々の都道府県に帰り、目標達成のため違反摘発が多くなると考えられるため、お互いに注意して運転しましょう」


にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

こんにちは

認知機能は、ある程度の年齢になれば低下も仕方がないですね。
瞬発力のテストもぜひ加えてほしいと思うのです。
いろいろやっても、これからも高齢者の事故が劇的に減ることはないかなと・・・。
残念ながら、それが人間かもしれないと思うのです。

こんにちは、

人生も含めて、あまり急ぎ過ぎないことも事故防止のひとつかと思います。
これからも事故は減らないと思いますが、私も運転に自信がなくなった時は、自分の意思で決めようと覚悟しています。