FC2ブログ
2019/06/03

自費出版・私の性格は「ISTJ」②


日頃から「過労死」が社会問題になっている。
海外でも「カロウシ」と呼ばれ、日本のイメージが悪く紹介されいる。

私が「過労死になるぐらいなら会社を辞めるとか配転を希望すれば」と常々考えており、TI型テスト担当の社員に質問したら次のような答えが返ってきました。

過労死をする人は小さいときから「他人に勝つのが全て」で、「営業成績もトップになることが人生の勝利者」であることを親の姿を見たり、言動で身に着けて育った人が多く、人生の途中での修正が効かなくなった人が多いと話してくれました。

また、会社の仕事ではトップになるまで走り続け、休暇などはとんでもない事で、目標をやり遂げるには死との競争もいとわない気質になっており、こうした人から仕事を取り上げると夢遊病者のようになり、人生の目標を失ってしまったことで自殺さえ起こしかねないことになってしまうらしい。

過労死で亡くなることはお気の毒であるが、子供の時から決まった性質のため成人になってもどうすることも出来ず、厳しく言えば「自殺予備軍」かも知れないと説明を受けた。



※これは今から30年ぐらい前の事で、現在では職場のパワハラ等で自殺に追い込まれる人も多いようですが、当時も「過労死」はありましたが、多少原因が異なっていたかもしれません。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

第三者から見ると、過労死する前になんらかの対策ができなかったのかと思ってしまいますが、やはり複雑な事情があるんでしょうね・・・・
特定の方に負担がかかりすぎるのは、会社にとってもマイナスだと思うので、こういったことが起こらないようになってほしいです。
娘もこれから就職ですが、このごろは数年で辞める方も多いようなので、1つの職場に固執しなくてもいいかなとは思っています。

こんにちは

恥ずかしながら、わたしも『患者さんより自分が死ぬんじゃないか』と感じて
自分を優先して、とっとと辞めました。頑張ってとった資格ですが、それ以後使っていません。

こんにちは、

過労死はニユースで報道されますが、心が痛みますね。
現在は、パワハラ等の問題がクローズアップされ大きな社会問題になっておりますが、昔とは理由が少々異なるような気がします。
何れにしても本人も会社にとっても好ましい事ではなく、特に企業の対応が求められる必要があると思います。

こんにちは、

耐えられないときは花さんの行動が正解で、恥ずかしい事ではないと思いますよ。
他からみて一流の会社・職場でも個人には合わない場合もあり、自分ファーストが一番かと考えます。