FC2ブログ
2019/03/18

健康・多い白内障



この間、所属するグラウンド・ゴルフの総会があり、70名ぐらいの会員の平均年齢は約80歳のため、ほとんどの人が白内障に罹っているものと思われます。
白内障は徐々に悪くなり放っておくと、手術が不可能になる恐れさえあります。

グラウンド・ゴルフは最高の長さは50m先の直径36cmのホールポストのリングに直径6cmのボールを少ない打数で入れるゲームですが、白内障を手術した人はボールの色や天候状況でも左右されますが、1打でINしたか解りますが多くの人は見えないようです。

s-DSCF9921.jpg
ボール

s-yjimage6R8CUME1.jpg
ホールポスト(高さは1mぐらいで上部に旗がついている)

そればかりか、50m先のホールポストも見えない人も多く、白内障がかなり進んでいることが伺えます。

私が住んでいる周辺では歯医者は何処にでもあり、整形医院も3ケ所ありますが眼科医は非常に少なく、介添えする人が居ない場合は入院設備のある病院へ入院し手術を行う人も少なくありません。

また、運転免許更新時に眼の検査が通らず、急いで病院を探して手術する人もおりますが、以前に書いたように同じ月に両眼の手術代が3万円と仮定すると、左右の手術が月をまたぐと何故か6万円になるため、月末に近い日は手術する人が少ないため、緊急を要する人は高くても受けることになります。

この間にも書きましたが、高齢者の場合は遠くが見え、近くは老眼鏡を使う人工レンズを挿入し保険の範囲で済みますが、遠くも近くも見えるレンズを入れる場合は保険適用外となり80-100万円が必要のようです。

次の事も以前に書きましたが、白内障手術の数か月から数年の間に飛蚊症のような見え方になる人がありますが、手術の失敗ではなく後遺症のため眼科医でレザー治療をすれば良くなり、又、手術後は異常な眩しさを感じる場合は透明に近い色のUVカット用のサングラスが必要で、私の場合は上記の両方とも体験しました。

100%罹る病は数少ないかも知れませんが、いま若い人にも必ずやってくることを覚えておいて下されば幸いです。



にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

以前、白内障の手術をした後にまた見えにくくなるけれど
レーザー治療で良くなるとお書きになっていたのを
母に勧め、無事治療できました
またよく見えるようになったと喜んでいます(≧∇≦)
50代の私たちもこの先絶対にやってくると思うと
憂鬱ですがおかげさまで先に覚悟することができました

ふ〜みんまま さん

こんにちは、

お母様の症状が改善して良かったですね。
私の知り合いなど「やぶ医者の失敗だ」と怒り、眼科医へ行っていないようですが、レザー治療は簡単で、私の場合は診察、2-3日後にレザー、翌日に診察で済みました。

白内障は80歳代になれば100%の罹病ですが、白内障になっても眼科医は簡単に手術は進みず、症状を遅らせる点眼薬を処方する場合が多いようです。
誰でも齢を重ねますが、若し白内障と言われたら早めの手術をお勧めします。
簡単な手術といっても、高齢になるほど眼内レンズが固くなり手術も難しくなるようです。

こんにちは

70名で平均年齢80歳というのは凄いですね。
その中には、すでにOPされた方もかなりいらっしゃるのでしょう。
OPの後、スッキリと良くなればいいけど、いろいろ症状がでるのが残念ですね。
そこがクリアされればいいのにと思います。

花さん

こんにちは、

高後期高齢者ばかりで、私などはヒヨコ組です。(笑)
私が知っている範囲では15名ぐらいですが、かなり進行している人も見えるようです。
全部ではありませんが手術後の後遺症を防ぐのは難しいようで、症状を感じたら眼科医でレザーを受ければ完全に良くなります。
眼科医院が少なく私がOPを受けた眼科医は病気のため休院中で、レザー治療は別の眼科医にお願いしました。