FC2ブログ
2019/03/08

健康・ピロリ菌の除菌で安心してはいけない!!



胃がんに罹った人の90%の人は「ピロリ菌」が原因と言われています。

ピロリ菌の除菌は病院で受診し、1週間続けて除菌薬を服用すれば効果があると言われておりますが、除菌したら胃がんに罹らないかと云うと最近の研究では「NO」で、罹るリスクが低下するだけと言われています。

s-yjimageOITJ9V6E.jpg
ピロリ菌

ピロリ菌は消えても、胃がんの発症要因は老化や塩分のとりすぎなど多数あるため、発症リスクがすべてなくなるわけでは無いそうです。

治療で陰性になっても「偽陰性」という微妙な判定を示す人もいます。このため、除菌治療をしても半年から1年後には定期的に内視鏡検査を受け、経過を観察していくことが大事でのようです。

某病院の説明・マンガ解説

私も数年前にピロリ菌を除去しましたが、その後、現在に至るまで次の薬を服用しており何故か不思議でしたが、真性多血症の主治医で信頼している担当医のため飲み続けております。

s-DSCF9896.jpg

除菌したとはいえ残っているピロリ菌の対応と、見つかった原因が萎縮性胃炎だったので、胃粘膜を保護修復する薬と納得した次第して続けてきました。



にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

おはようございます

ピロリ菌は一時あちこちで取り上げられましたけど、最近はあまり聞かなくなった気がします。
横着なので『ガンになったら切ればいい』なんて嘯いています(笑)
家族は祖父をはじめとして両親、叔父、妹と、ガンだらけなので、私もいずれそうだろうとは思います。
もうこの年まで異常なしなので、きっと頓死でしょう。

なんと偶然ですが、ちょうど胃についてのマンガを
更新したところです。
怖くて胃カメラ検査を受けたことがなかったのですが
去年、ピロリ菌の有無を調べる検査は受けたことがあります。
結果は陰性でしたが、ピロリ菌がいなくても
胃がんを発症することもあるということは知っていたので
今回遂に覚悟を決めました・・・(T ^ T)

花さん

こんにちは、

私もピロリ菌を除菌したので大丈夫と思いつつ、何で医師が薬を処方してくれるのか不思議でした。
確かに胃カメラで検査巣路方法もありますが、私が「ゲーゲー」し苦手なので処方してくれたものと理解しています。
私はガンになれば積極的な治療は諦める頻度が大きいと思いますが、ならないように努力するつもりです。

ふ〜みんまま さん

こんにちは、

マンガを拝見しました。
覚悟を決めて胃カメラ検査をしてください。
事前に麻酔をお願いすれば、苦痛は全くありませんよ。
お大事にしてください。

人ってウイルスやら細菌やらいろんな目に見えないようなモノに怯えながら生きていかなくちゃいけないなんて・・・神様、もっと強く創ってくれたら良かったのに・・・・ねぇ?!

「70歳を過ぎてから受けるがん検診は、百害あって一利なし」と言うお医者もいらっしゃるらしい。
ピンピンコロリを目指してるんですが。。。。

★いろは さん

おはようございます、

私も希望は「ピンコロ」ですが、それまでは検査も診察も必要かと感じております。
せいいっぱい努力して、駄目なら諦めもつきます。
検診は必要でも軽ければ治す努力をし、大きな手術が必要なら拒否し、痛みのない最後を迎えるのが私の希望です。

胃カメラ検査は部分麻酔なら苦痛もないので、検査を受ければ萎縮性胃炎かも知れないし、簡単なポリープならカメラ機能で除去できます。
その、医師の言動の内容が解りませんが、私は少々疑問が生じます。