FC2ブログ
2019/02/24

日記・タバコが火事の原因



20日の早朝に居住するマンションから離れた場所で、次のような火災が発生したことを掲載しました。

朝の火事


原因は住人の会社員の男性(49)が「タバコの火で布団を焦がしたため、ペットボトルの水で消火し、屋外にある駐輪場に布団を干していたところ、再度出火した」ようです。

1本のタバコで自宅を全焼しただけではなく、隣接するアパートなど2棟が一部焼けましたがケガ人は居なかったそうです。

タバコの喫煙は自由とはいえ80人ほどのグラウンド・ゴルフ仲間では、昔は吸っていた人は有っても現在の喫煙者は2-3名で、何れの人も呼吸器疾患に罹っているようです。

最近は高齢者より若い人や女性の喫煙者が多いようですが、喫煙は火災の原因になって他人にも迷惑をかける事もあり、何より高齢になれば肺や呼吸器の病になり、酸素ボンベを引っ張って生活する可能性があることを認識して喫煙してください。



にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

おはようございます

またもや原因はタバコの火でしたか。
過去に小料理屋で火災が起きた時も、原因はタバコが焦げたのを火は払ったと安心して
座布団を重ねてしまった後、閉店後かなり時間が経ってから出火したそうです。
たかがタバコ、されどタバコ。

花さん

おはようございます、

タバコの火は消したようで、くすぶっているのでしょう。
何か、怨念や情念を感じますね。
それと、タバコは体に良くなく、私は10代で禁煙しました。(笑)