FC2ブログ
2019/02/14

日記・「ケフィア」に思う



少し前に「ケフィア事業振興会」が、出資法違反(預かり金の禁止)の疑いで東京都千代田区の本社を家宅捜索されたというニュースを知りました。

「ケフィア」は、どこかで聞いたような名前と思いましたが、ずいぶん前に「ヨーグルトを作る種菌」を数年間にわたり買っていた会社であると解りました。

まだ、パソコンが一般人で持てる時代ではなく、ハガキで注文して品物が届くと料金を郵便局の窓口に振り込む時代だったと思います。

家宅捜査はオーナー制度で多額の資金を集め、1千億円の負債を抱え破産するという詐欺商法なのでしょう。
詳しいことは知りませんが、関連会社の農場のオーナーになれば10%の加算し払い戻すという触れ込みで、詐欺にあった人は4万人近いとか・・・

「浜の真砂は尽きるとも世に盗人の種は尽きまじ」と言われた、400年以上も前の「石川 五右衛門」の時代と盗人や詐欺師は変わらず続いているのでしょう。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

おはようございます

オーナー制度というのが怪しい気がしますね。以前も他の業種(農業関係)で会ったような気がします。
こう言ってはナンですが、欲をかかない事ですよ。銀行金利より1%ほどの利回りでも、長く補償されるか
分らないと思うんです。株の世界同様、全ては自己責任。
これから先も、こういった事が増えることはあっても減ることはないと思っています。

花さん

こんにちは、

そうですね。
被害に会われた方は気の毒ですが、今の時代に10%の還元があることに疑いをもたないと・・・
人には欲が出ますから、そこが狙い目で増える事はあっても減ることはないでしょう。