FC2ブログ
2019/01/24

日記・「ピアノ売ってチョーダイ!」

「ピアノ売ってチョーダイ!」のCMは20年前後も続いており、財津一郎氏も来月で85歳のため、65歳前後のままの顔つきのままという事になります。

s-31-1[1]

財津氏は熊本の名家の生まれで当初は俳優をめざし、その後、吉本新喜劇に入り「てなもんや三度笠」のお笑い番組で藤田まこと、白木みのるに継いでの役で浪人役だったことを覚えています。

この番組の結果、「俺がこんなに強いのも、あたり前田のクラッカー!」や、「非ッ常にキビシ〜ッ!!」、「許して…チョーダイ!!」などの台詞を真似て流行ったものです。

「ピアノ売ってチョウダイ!」のCMは、赤ちゃんが好きな440ヘルツのため、CMが始まると泣き止むとも言われております。
バックダンサーの4人の美女も50歳前後で、時代の流れを感じさせます。

なお、タケモトピアノは年に25,000台の中古ピアノを5万円前後で買い、修理して国内外で販売し年商50億円とも言われておりますが、コメントを確認すると「思ったより高く売れた」の反面、「見積もりを依頼したら古いピアノで売れず、逆に見積もり料を請求された」とあります。

いずれにしても、消えゆくCMが多い世の中で、20年以上も続いていることは驚きです。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

おはようございます。
長く同じCMで通せるところがまた凄いなと思います。
まあ中古品でも、買った時の思い入れなどもあるから、査定に不服も有ったり過剰に期待するのでしょうが
中古品は中古品、当然引き取り費用を請求したいようなものもあるのでしょうね。商売はシビアですよ。

花さん

こんにちは、

中古品ピアノは相当あるようで、子供の家でも孫に買ってやっても少しも使わないようです。
査定は無料の所もあり、事前に確認することも必要ですね。