FC2ブログ
2018/12/18

日記・怒、怒、怒日記



「青山のブランドイメージ、すばらしい土地の価値を下げてほしくない」

◆青山の成り立ちをしっているのかい。元々は我が郷土の青山藩の江戸屋敷があった所で、青山城主は前の城主の悪政で荒れた町民の融和のために「郡上踊り」を奨励した名君で、これが「青山のブランドイメージ」だぞ。

「他の子は習い事をしている。ここへ来たら、施設の子がどんな思いをするか」

◆そんな考えで子供を育てるからロクな大人にならないよ。

「物価が高く、学校レベルも高く、習い事をする子も多い。施設の子が来ればつらい気持ちになるのではないか」

◆自慢もほどほどにしたら・・・将来の子供はロクでもない官僚にさせるのかい?

「この周辺のランチ単価知ってますか? 1600円ぐらいするランチ単価のところで、なんで親がここの施設に子どもを連れてくるんですか」

◆金持ちの思考回路はちがうな。そういう意識がイジメにつながり差別というものを生み出すのだよ。

「子を持つ親として、こんな理由(ブランド低下)で反対したとは、将来子供にとても言えない」

「建設反対は、虐待を受けている子供を見捨てる、虐待に加担している行為」

◆ほう、人格者もお住まいのようで、この人たちこそが「現在の青山のブランド」でないかね。



にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

おはようございます。
ほんとにくだらない事考える大人が多すぎますね。言っちゃナンだけど
下手すりゃあんたんちの子も児相行になるかもよってことですよ。
ブランドなんてあってないようなもの。単なるイメージなら壊れるのも早い。
そこに住んでいる人間の質をみさせてもらったようで、つい笑っちゃいました。
何処にいようが幸せ、不幸せは気持ち一つと思います。

花さん

こんにちは、

怒りを超えて笑ってしまいのすね。
自分たちは「特別」と思っているのでしょうか?
そう、自分たちの子供は児童相談書と無関係と思っているのでしょう。
全国に恥をさらしましたね。

こんにちは。

自分勝手な理屈を言う人はどこにもいますね。
ブランドってそんなに大切なものでしょうか。
それに託けて施設を造ることに反対している己の心の
狭さは青山のブランドが迷惑しているのではないでしょうか。

シンとケイさん

こんにちは、

賛成の人は説明会に出席せず、反対者の出席が多かったようです。
ゴミ処理場や排泄物の処理場の近くに住む人が大変で、他所には大きな迷惑をかけていることを忘れているのでしょう。
一部の人の言動で、「青山のブランド」が地に落ちてしまいました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ご意見ありがとうございます

今回の内容について、色々なご意見を寄せて頂き有難うございます。
現地の人達のように反対意見もあれば、賛成する人達がいらっしゃることは当然なことだと思い、自由に発言できることは良い事かと考えます。

問題は施工者側と住民側が何処まで歩み寄れると思われますが、最終的には建築基準法や該当地の規則によって結論が出されることが肝要で、私は『悪法も法なり』の考えを持っております。

日本では一部の国のように政党が一方的に作るのではなく、一応、選挙によって選ばれた人が決めし、そうした議員を選ぶのも国民であり地方の住民であるからです。

私は300戸近いマンションの住民ですが、建設前は地域の人達が猛反対されたようです。
しかし、現在は普通の市民として受け入れられております。
マンションの建設により北側の住居には、消防車が入れなかったような道路を提供や、東・西・南の敷地内歩道を外部の人が自由に通過できるようにした事が、地域の人達の理解が得られたものと考えております。

青山の問題も一方的な反対・賛成ではなく、何らかの妥協点がないかを検討されることを期待しております。
しかし、最終的には建築基準法や都条例により施工されることが、法治国家に住む者の義務かとかと考えられます。