FC2ブログ
2018/12/02

介護・軽度老人ホーム(ケアハウス) /養護老人ホーム(養護)



◎軽度老人ホーム(ケアハウス)

一般型ケアハウスは、身寄りがなく、独居生活に不安がある60歳以上の高齢者の方が入居できる高齢者向け施設です。
サービスとしては、掃除、洗濯などの生活支援サービスや食事の提供、緊急時の対応などが提供されます。
また、介護サービスが常設されていないため、介護が必要となった場合は、外部の介護サービスを別途契約するか、退去する必要があります。
また、現在は新設されていないようです。


◎養護老人ホーム(養護)

養護老人ホームの主な目的は、高齢に達した経済的弱者に救いの手を差し伸べることです。
このため介護という扱いではありませんが、妻が入所している特養にも「養護施設」がありますが、実際は高齢になり罹病し寝たきりに近い人も入所されているようです。

食事や健康管理等のサービスはありますが、基本的に介護サービスが提供されることはあませんが、養護老人ホームは、建て前では長期的な利用が可能な施設でないはずですが、「特養」に入居待ちの人も入所し見えるようです。

何れも明確でないかも知れませんが、双方の施設も身寄りがなく生活保護を受けている入所者が少なくないようです。
なお、今までの施設への入所は各施設が決定しますが、養護老人ホームの入所決定は市町村が行いますます。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

おはようございます。
ケアハウスだと、現状では安心していられそうですね。
将来、健康状態がどう変化するか分からないので、そうなった時の心配は残ります。
養護老人ホームというのは、自治体が入居者を決定するとは知りませんでしたが
病状とか体調だけの問題ではないみたいでビックリしました。いろいろあるんですね。

おはようございます。

おかげさまで新しい知識を得る事ができました。
入所する頃には断能力がかなり低下しているてしょうから
今のうちに家族にあーだ、こーだ注文をつける知識を
学習すべきですね。
ありがとうございます。

シンとケイさん

こんにちは、

介護問題は、あまりにも複雑な内容になっており、今回に書いたものは一部分です。
元気な頃から、少しでもでも知っておくと良いと思います。

花さん

養護は身寄りもなく年金もない人が多く、生活保護状態で公金が多く投入されるからでしょう。
少々、矛盾を感じますが・・・