FC2ブログ
2018/11/01

日記・大相撲に苦言



元横綱・日馬富士から暴行を受けた貴ノ岩が慰謝料などの損害賠償を求めた訴訟で、貴ノ岩関側は提訴を取り下げたと、多くのテレビでも報道しています。

その理由について、貴ノ岩側は「提訴により母国のモンゴルでバッシングを受けたため」などと説明していますが、被害が裁判を起こすことができないような圧力をする国民性には疑問を抱かざるを得ません。

この問題を考えると、元日馬富士と担当弁護士やバッシングするモンゴル国民、そして「弟子は子供以上に可愛い」と語りながら子供達を捨ててしまった元貴乃花、暴力力士を追放しなかった相撲協会等の責任は重大かと思われます。

そして、素朴な疑問として、あれだけの障害をしたにも関わらず、なぜ警察は日馬富士を逮捕しなかったかです。

日本相撲協会が神事(祭事)を伝承するなら、日本とは異文化の外国人力士は排除し、相撲の親方が理事長を行うような組織を改めることが必要ではないかと思います。

ただ、現在のような運営方法を維持するなら「協会」は辞退し、株式会社等の組織にして税金も支払、株主の意向に沿った運営をしてほしい物です。

相撲ファンでもない私が苦言を呈するのも何ですが・・・


にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

こんにちは。

大相撲は芝居の興行みたいなものだとおもいます。
興行収入とタニマチで成り立つ企業です。
企業努力と思えば力士の国際化でも何でもやってくれ
という気になります。
しかしNHKは放送料を30億円気前よく払っているそうですが、
間接的に相撲協会に国民は援助している事になりますね。
ならもっと組織改革を希望します。

シンとケイさん

こんにちは、

相撲が興行なのに無税というのは納得できません。
我々がNHKに支払う受信料も協会の懐に入っていますね。

明日は、第二弾を掲載します。