FC2ブログ
2018/01/12

真性多血症・小児用バッファリンを処方


会社の健康保険組合から指示された病院は、バスを乗り継いで行き半日も要するため、就業中に通院することが認められていても時間が掛りすぎるため、地下鉄が一駅で通える日赤病院に変わる事にしました。

なお、就業中に通院することが許可されたのは不思議なことですが、推定すると他の社員にも例が無い珍しい病気(症状)で、治療しないと大変なことになると考えての措置だったのかも知れません。

天下の日赤病院でも瀉血の治療で、多い時は週一回通院したような記憶で、他には小児用バッファリンを処方されましたが、理由は聞いたことはなかったのです。
この市販薬の説明書を見たら、「副作用としてまれに血小板・白血球減少がおこることがある」と書かれており、「まれ」を期待した投与だったかも知れません。


日赤の担当医は新聞やテレビでも観たことがある有名な先生で、私が定年になるまで世話して頂きました。

春駒



にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 70代以上の健康へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント