FC2ブログ
2018/10/17

日記・新聞は何故8%のまま

政府は来年の10月から消費税を8%から10%に引き上げる事を決めたそうです。

来年の参議員選挙を控えて増税を先延ばしするも地獄、実施しても地獄でしょうが、何回も引き延ばすことは出来ない代わりに、「軽減税率」といった訳のわからない制度が出てきました。

税率は上げるが「軽減税率」を行うことで、皆さんの懐は痛まないですよと言っているようなもので、この中身が理解できません。

水道や電気、ガスは10%に上げても新聞は8%のままとは、マスコミ業界の圧力か、政府の悪口を書くなと言った口止め料に相当する物ではないかと疑いを持たざるを得ません。

また、店舗内で食べる物は10%で、経費のかかる出前は8%のようです。

消費税を上げるより国会議員の定数削減や参議院の廃止とか、無駄な公共工事の削減とか節減する物が一杯あるような気がします。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

おはようございます。

云いたいことを書いていただいてスカットしました。
これが国のやりかたなんですよね。
少しも国民の方を向いていません。
他の党も自分の存続を考えるのが精一杯みたいですし、
日本国民は希望がなくてかわいそうです。

シンとケイさん

こんにちは、

それぞれの政策や方針を考えてみても、必ず「裏」がありそうです。
「軽減税率」は、税金が軽減されることは結構な事でも、個人商店などは8%と10%を使い分けるレジに買い替えることも大変な負担と言われております。
優先順位は、いかにして政権を持続させることが一番と考えているのでしょう。