FC2ブログ
2018/08/25

日記・台風でマンションの防水層か剥がれる


台風20号による強風で、兵庫県西宮市内の14階建てマンションの屋上から剥がれた物が、駐車場等に落下する被害がありました。

通常のマンションの屋上は躯体と一体化されておりますが、コンクリートは水を通すのでシート防水を張り、表面にシルバー塗装を施工されています。

シートは夏や冬の気温の変化により膨張したりするため、面積に応じてエアー抜きが取り付けられています。


s-01.jpg

どんな品質の良いシート防水でも耐用は10-15年位のため、大規模修繕で張り替え、表面保護のため数年ごとにシルバー塗装が必要です。

被害があったマンションの詳細は解りませんが、メンテを怠ると気候の変化等によりシートがひび割れ、シートが部分的に剥がれ強い風により捲れてしまうことも有りえるかも知れません。


s-02.jpg

テレビで観るとシートが剥がれた場所と、右側の剥がれなかった部分とは施工が異なるようにも見えますが、マンションの防水層が剥がれる事故は珍しいことかも知れません。

しかし、剥がれた部分をテレビで良く見ると、耐火ボード状のような物に防水被膜が施工されているようにも見えます。

s-DSCF9359.jpg

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント