FC2ブログ
2018/07/15

不定愁訴・昨年の今頃は④


昨年の初夏頃から患った「不定愁訴」について書いております。

8月の診察日に担当医のアドバイスにより少しずつ散歩を始めましたが、日に日に歩く距離も増え、その日の体調と歩数を記録することで体調も少しは良くなりました。

10月に入ると驚くほど体調も改善し、自分で車を運転し長く伸びた散髪店へ出かけましたが、翌日は体を動かすことが辛くなるほどになり、また一週間後には一日だけ良くなったかと思うと、それから一週間ぐらいは不調が続くのです。


s-865d3251991f16c3005124e8f3b1bd25[1]

以前にも書きましたが、回復期は体調が良くなったり悪くなったりするため一喜一憂し、将来の生きる自信がなくなる人も多いようです。
今では簡単に書いておりますが、こんな状態が3-4回も続くと生きる望みも無くなり、「事故か何かで死ねたららく」と考えたこともありました。
それだけ、神経的な病は辛いのです。

ネット検索して専門家の記事を読みましたが、精神的な病の経験のないコメントは何の役にもならず、無味乾燥を感じるだけでした。
むしろ、同じような病の方のブログを読むことで勇気づけられました。

体調の良し悪しを繰り返してから12月を迎えたら、体調が大きく変化することになったのです。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント