FC2ブログ
2018/06/28

日記・震災マニュアル(仙台市編)


大坂北部地震は現在も爪痕が解消できず、胸が痛む思いです。
地震の被害は20年ちょっとの間に「阪神・淡路」「東北」「熊本」、そして「大阪北部」の巨大地震が発生しております。

懸念されている「南海トラフ地震」が発生すれば、壊滅的な被害となるとも言われておりますが、最近は千葉県周辺の地震が多く東北地震のような前触れの心配もあります。

災害は地震ばかりでなく、大雨やがけ崩れも考えられます。
そこで、減災対策や必要な水、食料等の備蓄は欠かせませんが、地域や建物により確保する物も異なると思われます。

当方はマンション住まいのため、万一、倒壊すれば戸建て住宅は全滅すると思われ、諦めるしかないと覚悟しています。

近くには、あまり動かない断層はあるらしく周囲には崖はありませんが、ゼロメートル地域のため自宅は水には浸からないものも、伊勢湾台風では2ケ月前後浸水した体験もあり、大変苦労を強いられるはずです。

各家庭での対策は重要ですが、マンション全体のマニュアルを作成するよう理事会に提起しているところです。

当方は阪神・淡路の地震で被害を蒙った建設会社の設計・施工のため、その経験が生かされているようですが、マニュアルなどのソフト面に難があるようです。

最後に東北地震での経験から、仙台市がマンション用のサンプルを公開されておりますので紹介しますので、マンション居住者の方々は参考にして頂ければ幸いです。


仙台市マニュアル

地震マップ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

マニュアルとマップを見ました。
仙台市がサンプルを作っているとは知りませんでした。
これは役立ちますね、ありがとうございます(^_^)

大阪地震で被災した友人が、
「まさか自分がこんな目に遭うとは思わなかった」
と言っていました。
経験したことのない揺れで死ぬかもしれないと思ったそうです。
「まさか自分が」・・・私もきっとそう思うと思います。
必ず来ると思って準備しなくちゃいけないんでしょうけど・・・

こんにちは、

体験をされた仙台市だからこそ、詳しいマニュアルが公開されているものと思われます。
個人的な備蓄は其々が対応しても、マンションや地域のマニュアルも必要で、皆さんが参考にして頂ければ幸いです。

当方も役員に提起しているのですが、まだまだ動きは遅いようです。