FC2ブログ
2018/05/05

人生感・京都・御所の駐車場

今年の大河ドラマ『西郷どん』も、井伊大老に命を狙われ月照(げっしょう)と一緒に郷里の薩摩へ逃げるシーンが先回の放送でしたが、月照は近衛家と親しい間柄で近衛家は五摂家筆頭の家柄で、京都御所の近くの公家屋敷に住んでいたと言われております。

大河ドラマでは直接、間接的に京都御所が出てきますが、御所は11万平方メートルの莫大な土地で、その西側には駐車場があり観光バスで行くと予約済のため容易に停まることができます。

何年か前に出かけた時にバスガイドが、「この駐車場では御所に向けて前向きに停まり、後ろ向きで停まることが出来ない決まりです」と説明を受けましたが、最近Googleを見ると後ろ向きに停めてある車もあり、決まりが変わったのでしょうか?

御所に限らず京都の古い建物の周囲に50センチ幅程度の溝がありますが、ガイドは「この溝の中には魔物が入らないための物」と説明がありました。

また、天皇が京都に見えた時は必ず御所内の宿泊施設に泊まることが慣習で、皇太子や他の皇族はホテルに宿泊することは自由であるとバスガイドの話でした。

でも、私たちが近づけるのは紫宸殿南庭の「左近の桜右近の橘」が見える範囲でした。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント