FC2ブログ
2018/04/27

人生感・黄檗宗・萬福寺

色々な神社仏閣や古い建築物を見て回った結果、印象的に物を取り上げます。

京都の宇治に萬福寺があります。
ここは黄檗宗(おうばくしゅう)という珍しい宗派ですが、日本には400寺以上もあり中国の隠元という僧侶が開祖しましたが、インゲン豆は隠元和尚が日本に持ち込んだと言われております。

この寺の欄干は特徴的で、ラーメンのドンブリの原型になっている説もあります。


yjimage[3]

一般的な木魚は丸い形をしておりますが、萬福寺には魚の形の木魚があり丸い木魚の原型で、木魚は正しく「木の魚」なのです。

yjimage[2]



にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康管理へ
にほんブログ村

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護(個人)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

木の魚 すごいですね。叩かれた跡か、背中に傷跡の様な痛々しい感じがします。ワックス掛けてあげたいような 気持ちになります。
普段艶のある木魚をみているためでしょう。
隠元和尚の隠元くわえているのかしら?

ナナとハーブさん

こんにちは、
私も木が丸くなったものを、なぜ木魚と言うのか不思議でした。
萬福寺へ行って初めて解りました。
坊さんが同じ場所を叩くため、ちょっと痛々しく感じられます。
木魚といい、ラーメンの器もインゲン豆も、隠元和尚のお蔭ですね。