FC2ブログ
2018/04/22

人生感・諸行無常


「生あるものは必ず滅し、 形あるものは必ず壊れる」の事は仏教用語で『諸行無常』とも呼ばれており、この世に存在するすべての物事は同じ状態を保つことなく移り変わり、永久不変なものなどないということのようです。

私は信じる宗教はありませんが、このような言葉は的を得ており、世界の最高長寿は122歳と164日と言われており、今後、医学の進歩があっても200歳まで生きる人は現れないでしょう。

また、地球の生命は10億年とも100億年とも言われており、地球の寿命を24時間換算にすると残りは5分とも数十秒しかないと主張する学者もいるようで、大気汚染や原水爆戦争が勃発すれば生物の寿命は極端に短縮されるかも知れません。

海外の宗教の『永遠』に対して、仏教の『諸行無常』は科学的な教えとも言えます。



にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康管理へ
にほんブログ村

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護(個人)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント