FC2ブログ
2017/12/24

不定愁訴・寛解(かんかい)のライン


寛解とは、「症状が一時的に軽くなったり消えたりした状態で、このまま治る可能性もあるが、場合によっては再発するかも知れない」と言う意味のようで、完治とは異なるようです。


s-DSCF8872.jpg


私の場合は、

◎急性期 6月 7月
◎重症期 8月 9月
◎回復期 10月~
◎寛解  来年の夏頃まで服用薬を続ける(予定)

最も辛いのは「回復期」と言われており、初めは1週間に一日ぐらい絶好調になっても、翌日からは苦しい日々が続きました。

こんな状態を1ケ月ほど繰り返しいると絶望感に襲われ、「なぜ?」「もう治らないのでは?」の思考が支配します。

ネット検索によると、心の病患者は回復期に自殺が多いとありますが、解るような気がしました。

どんな病気でも早期発見・早期治療」が大切で、8月に他の病の診察日に体調を告げたら担当医が、「不定愁訴のようですね。薬を出しましょう」の指摘を断り、服用は9月からにした事は反省すべきです。

春駒

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

こんにちは。(^_^)
過去記事にコメントしてすみません。

春駒さんの不定愁訴の記事を読んでいると
自分の経験したうつ病と全く同じと思えます。
回復期は危険な時期ですね。
良くなったり悪くなったりを繰り返して疲れてしまいますものね。
私もビルから飛び降りようとしたのはこの時でした。
危ない~~(^_^;)

妻さん

こんにちは、

今では笑い話ですが、北がミサイルを打って全滅すればと思ったことがあります。(不謹慎ですが、)

この病の苦しさは、罹病した者しか解らないと思います。