FC2ブログ
2021/04/07

日記・常識的なコロナウイルス対策

大阪府などは「まん延防止等重点措置」の適用となっており、知事自ら「会食の際のマスク着用の義務化につい」について訴えておりますが「?」の気持ちで、コロナをうつされない、人にもうつさない気持ちがあるなら、知事や人に言われるまでもなく自主的におこなうことではないかと思います。

私たちも「マスク会食」ならぬ主に4回は喫茶店へ特定の友人と出かけますが、飲むときやモーニングを食べる時は言葉を発せず、マスクを掛けた場合に話をすることが暗黙の了解となっております。

昨日の午後のテレビでも以前に本ブログで紹介した山梨県の取り組みも簡単に取り上げておりました。

ブログ・山梨県につていて

山梨県の取り組みについて知事は、「三途の川にある賽の河原には、たくさんの石が転がっている。しかし、いくら積んでも鬼がやってきて崩してしまう。
2009年の新型インフルエンザ等対策特別措置法は、少なくとも山梨県では賽の河原の石積みになっていました。鬼はコロナだけではないでしょう。これから先、どんな鬼がやってきても壊せない石組みを作る。それが今の私に課された役目だと考えています」とコメントされています。

山梨県の取り組み

山梨県の人口は約80万人で、5日までの感染者は997人で大阪の2日分で、ここ数日の発生者は1-3名です。

コロナの抑え込みは行政や業者が行うことはまだまだありますが、私たち一人ひとりが気を付ける事もたくさんあるはずです。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント