FC2ブログ
2021/03/08

日記・パソコン危うし!!

私は特別な事がない限り、午後4時前後にはパソコンの火を落とします。(PCをOFF)

昨日も同じ時間にオフしたら、画面は切れていたのに主スイッチのランプは点灯したままで、パソコンのスイッチを入れても画面は変わらず途方にくれました。

オフにする前に、カメラからSDカードを取り出してPCに取り込めるのですが、画像はコピー出来ても画像を拡大が出来ず、仕方なく明日の宿題にすることで終えたのです。

そこで、Win7から10にアップグレードしたサブ機を使って、NECのコーナーで調べることにしました。
家は代々NEC製のPCを使っており、「トラブルは静電気がPCに帯電している場合があり、一旦内部のバッテリーを取り外すと放電して復帰する場合がある。」と説明がありました。

そこで裏蓋を外してみるとバッテリーらしき物が見当たらなく、従来使っていたサブ機は何回も裏蓋を外してメモリを増設した経験があるので外したら、やはりバッテリーがありました。
s-DSCF1604.jpg

Win10の裏蓋を外してよく見るとバッテリーではなく、ボタン電池に変わっていたようです。

s-DSCF1597.jpg

当初からPCの電源をコンセントから抜いてあったので、気が付いたら蓄電能力が無くなり主スイッチのランプは消えていたのでスイッチボタンを押すと、通常通りになり何ら前と変わらなくなり「ホッ」としました。

画像の操作も復帰しており、今までスイッチに触ったら静電気が放電したことが有り、それがPCに帯電してしまいトラブルになったとしか考えられません。

これからはPCを使う前には机の引き出しの金物に触れ、身体に帯電している静電気を放電させてから使うようにします。
乾燥の季節に衣類の摩擦により体に帯電するので、何でも他の物に触り体内から放電させてから始めると良いでしょう。

これはPCだけでなく部屋内外の金属系の取っ手に触る前に、壁とかドアの木板の部分に触るとか、車でも乗る前に金属部分以外に触ってから乗ると大部分は放電するため、その後に乗ると良いと思います。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント