FC2ブログ
2021/02/22

日記・コロナワクチン接種の「説明書」や「予診票」とは

コロナワクチン接種は医療従事者に続いて、4月からは65歳以上の高齢者が対象になりますが、ワクチンの到着が遅れるかも知れません。

しかし、何れ日本でも接種が行われるので、高齢者だけでなく接種対象者が事前に色々な知識を得ておくと便利かと思い厚生労働省のサイトを紹介します。

ここには、『新型コロナワクチンの予診票・説明書・情報提供資材』の中に知っておくと良いものがあったので、グラウンド・ゴルフ仲間に会費を使用しコピーして近日中に配布することにしています。

①予診票
お住まいの役所から送付されてくる「予診票」や「接種券」(クーポン券)の見本で、予め、かかりつけ医に見解を聞いておく欄もあります。
なお、予診票に接種券を貼ることになっておりますが、接種が終わったら予診票は医師側に接種券は持ち帰り、2回目の接種に必要のため紛失しないようにしてください。

②新型コロナワクチン予防接種についての説明書(ファイザー社製)
細かいことが書いてありますが、一通り読んでおくと良いと思います。

③新型コロナワクチンを受けた後の注意点(ファイザー社製)
接種後の注意点が書いてありますが、接種後も2回目の接種後の抗体が出来るまで、マスクや手洗いが必要です。

その他にも「血をサラサラにする薬を飲まれている方へ」の説明書もあり、私も服用しておりますが、抗血小板薬のため普通に接種が可能ですか、抗凝固薬を服用の方は担当医と相談しアドバイスを受けることも安心材料でしょう。

下の「厚労省」を開くと上記の資料があり、拡大して見て下さい。
コピーなどしてご家族や友人等にも知らせてあげると喜ばれると思います。


厚労省
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

おはようございます

接種を受けたい人は、きちんと必要な準備をしておいたがいいですね。
面倒くさいという人は、後回しで。

こんにちは、

参考になる資料だと思っています。
何れ市区役所から広報があると思われますが、担当医に聞くなどは早くから知っておくと都合の良い方もいるはずですから・・・