FC2ブログ
2021/02/18

日記・治験

製薬会社が作っている最新薬の効果や副作用を確かめる『臨床試験』は、『治験ボランティア』と呼ばれる仕事があり、アルバイトのようなものでしょう。

治験には服用薬だけでなく食品や化粧品などでも行われ、いわゆる「人体実験」をして安全で効力のある物を世に出すわけです。
治験ボランティアはこの試験に参加する代わりに、協力費として謝礼を受け取ることができます。謝礼金の目安は「1日1万~2万円」と多少揺れ幅があり、場合によっては何泊か宿泊も必要でお金も異なるようです。

コロナワクチン等は特に慎重な治験が必要で、動物実験に始まり国内で数人から治験対象者を数十人に枠を広げ、最終的には数万人の治験が必要になると言われております。
数万人単位となると自国で行うことは不可能なため、貧国に金を与えて行い、薬品が完成したら低価格で優先的に使えると言うメリットがあるのです。

中東の某国などはワクチンを開発国より接種が進んでおり、国民の60%が1回目の接種が済み、コロナ患者も減らすことが出来たとか発表しておりますが、表向きは2倍の値段で購入したことになっておりますが、果たして治験国だったかどうかは最高のシークレットで推定するしかありません。

日本でも幾つかの大学や薬品会社でコロナワクチンを研究開発しておりますが、ある研究機関は最終段階の数万人の治験でストップし、莫大な費用を要するため国の補助を受けることになっているそうです。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

おはようございます

ワクチンにしろ、新薬にしろ、どうしても対人治験は不可避ですから
ボラというより、有償検査ですね。いずれも
健康な持病持ちを選ぶらしいですよ(笑)

こんにちは、

アルバイト料に魅力があるのか、それとも世のための気持ちか解りませんが、勇気が必要な事でしょう。
でも、こうした人たちのお陰で新薬が出来て、我々がお世話になっているので有難いことです。