FC2ブログ
2021/01/30

日記・バカに付ける薬はあるのか?

緊急事態宣言の発令下で、飲食店には午後8時までの時短営業、国民には不要不急の外出自粛が要請されている中、模範となるべく国会議員がその禁を破って、銀座のクラブ通いが判明し、「バカにつける薬」が必要のようです。

なかでも自民党の松本純元国家公安委員長と公明党の遠山清彦幹事長代理は26日、緊急事態宣言で政府が不要不急の外出自粛を呼びかけている午後8時以降、東京・銀座のクラブをそれぞれ訪問したと言う。

「公明党議員と銀座のクラブ」は考えて見ても釣り合いが取れず、公明党は「平和と福祉の党」を標榜し、庶民的な生活者の視点から政策提言を行ってきても、特権階級になると夜の銀座通いは当たり前になり、これでは支持してきた創価学会員諸君は納得できないでしょう。

両氏は役職を辞任したようですが、公明党の遠山議員は2019年に福岡市のキャバクラに11万円を支払っており、「公明党議員も中々やるのう。」と笑ってしまいましたが、「平和と福祉の党」が「銀座のクラブとキャバクラの党」では、真剣に票集めをした創価学会員から袋叩きにあっても可笑しくないでしょう。

また、打ち合わせ等でも各会社にはリモートを迫っており、議員もリモートで打ち合わせを行えば良いのに、自分たちは特権と勘違いしているのか堂々と銀座通いとは、飲食店を罰するより「ダメ国会議員」の罰金を科さないとコロナを退治することは難しいでしょう。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

おはようございます

残念ながら、身内からの足引っ張りにはウンザリです。
クズはとっとと捨てなきゃ!と思います。

こんにちは、

まさに「羊頭を懸けて狗肉を売る」ですね。
こういう連中が税金で生活をしていると思うと、早く辞めて欲しいものです。