FC2ブログ
2021/01/02

日記・大晦日に思った事

大晦日はテレビ東京系(年忘れにっぽんの歌)、フジテレビ系(格闘技)と、NHK(紅白歌合戦)を交互に観ました。

「年忘れにっぽんの歌」は昔の淡い思い出や、苦しかったころとオーバーラップしながら観ましたが、「ブルコメ」が出場した時はどこかの「おじさんバンド」が出演したのかと思ったことと、梶光男の場合は「東海林太郎」の生まれ変わりかと思ったほどでした。

「格闘技」はコロナ禍で、ほとんど日本人同士の対戦でしたが、タイのムエタイのチャンピオンが出場した時は30年ほど前のタイ旅行で、現地の案内人に無理に頼んで現地の「ムエタイ」を見に行ったことを思い出しました。

現在は正式なムエタイツアーがあると思いますかが、当時は日本人かがムエタイを観戦に行くことは珍しく現地の案内人も嫌がるほどでした。

日本で色々なスポーツを観戦するような雰囲気ではなく、場内は賭博場で数人や数十人がグループになり陣取り、一戦一戦が賭けの対象で外国人には見せたくない配慮と、観客がエキサイトして事件に巻き込まれる恐れがあったのです。
現地案内人は最終試合が始まった頃には、私たちを急かされて会場から退場したことが印象的でした。

紅白も何年振りで観ましたが、昨年は歌番組を一回も観なかったことともあり異次元の世界でしたが、コロナ関係の応援や希望を持つ歌詞や、それに相応しい多くの歌手が出演したことと、「歌合戦」というより「バフォーマス合戦」に番組名が相応しいと感じたほどでした。

「ミスチルが101スタジオから送ります」の司会者の言葉に、20年ぐらい前のことを思い出しました。
当時、「ご近所の底力」の番組があり「ハト対策」の問題を101スタジオで録画したことがあったのです。
350坪ほどの広いスタジオと防衛上NHK内部は迷路のようになっていた記憶があります。

s-DSCF1452.jpg
主要な20篇ぐらいを本に掲載

s-DSCF1453.jpg
私が出演した番組が掲載・上の写真が渡しで、本を送って頂いたデレクターからの手紙

色々と昔を思い出される大晦日でした。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント