FC2ブログ
2020/12/27

日記・2020年が終わるにあたり①

今年はオリンピック開催等で期待された年でしたが、コロナに始まりコロナで終わる悲惨な一年になり、色々と今年を振り返ってみようと思います。

最近のコロナは5人が12月中旬から下旬にイギリスから帰国し、空港の検疫で新型コロナウイルスの陽性が確認されたため、国立感染症研究所で検体を解析した結果、「変異した新型コロナウイルス」が確認されたショッキングなニュースが伝えられました。

おそらく見つかったのが5人ということは、検疫を潜り抜けて入った変形ウイルスが何倍もあると思わないといけないでしょう。
北里大学の中山特任教授も、「水際でせき止めるのは難しい」とコメントされています。

本来は第一波が終わった時点で2ケ月ぐらい全面封鎖を行い、全国民にPCR検査を行う決断者がおらず、「経済優先だ、コロナ対策だ」の結果、どちらも成功せずズルズルと引き延ばした結果、今までと異なった第三派を迎え、ついに変形ウイルスまで迎えてしまった事になります。

「人が動けばコロナも動く」といった当たり前のことから、GO-to関係を始めたことが以前にも書いたように「諸悪の根源」になってしまいました。
確かに一時的に潤った観光関係業者もありましたが、結果的にはコロナ騒動が長引き商売に大きな影響が出るものと思われます。

GO-to関係はコロナが落ち着いてから始めると決定していたことを、前倒しで実施した関係者の罪は重く『未必の故意』に問われても仕方ありません。
また、政府関係者や国をリードする連中の器の緩み無知について指摘せざるを得ません。

銀座のステーキ店では菅首相・二階幹事長・ソフトバンク王貞治会長・俳優杉良太郎・政治評論家の森田実・タレントのみのもんた・自民党林幹雄幹事長代理ら8人と忘年会の会食したこと。

海上自衛隊のトップの海上幕僚長らが、14人で送別会として飲酒を伴う会食を行い、海上幕僚長と海上幕僚長の補佐役、西成人・海上幕僚副長が新型コロナウイルスに感染したことが確認されたが、そんなことで国民を守ることができるのだろうか。

コロナ感染は注意していての感染は仕方ないが、多数での飲食を伴う会食で罹ることは同情の余地もありません。

昨日には東京地検の検察事務官が、新型コロナウイルスに感染し自宅待機中にも関わらず、無断で福岡市に夜行バスで移動していたことが発覚しました。
これは暴漢を世に放つ行為と同じで、特に公務員関係者は国民の模範になる人で、一般若者層が「コロナは風邪と同じ」の気持ちになってしまう恐れがありますが、これらには或る原因があると思われます・・・


東京の感染者は今日は大台に乗るでしょうか?
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

おはようございます

ずいぶん前から、このウィルスは3か月ごとに変異するといわれていました。
どのような変異をみせるかで、患者数、重症化率も変わってきます。
とても、平穏で穏やかな新年は迎えられそうにありませんね。
できる限りの予防策を講じてもなおウィルスは完全に防御不可能です。
うかれてGo-Toなどに乗っからないことですよね。

こんにちは、

今年の年末年始は天気も荒れるようで、毎年のように正月は何処へ行く予定もありません。
来年は一日でも早くコロナ騒動が終息すると良いですね。