FC2ブログ
2020/12/14

日記・やはり最悪な事態に

政府は北海道と大阪に続いて、東京都と名古屋市のGO-toトラベルを見直す必要のようです。
最近のコロナ患者の増加は巡らしく、これが続くと1月頃の陽性者は莫大な人数になることが予想されます。

私もGO-to関係による感染者の増加を危惧し、次のように警告してきましたが、この頃は尾身会長も医師会幹部も政府に遠慮したのか曖昧なコメントでしたが、最近ははっきりとGO-to関係を批判しております。


11/20 GO-to関係は一旦中止を!!
11/21 再び、GO-to関連の一時中止を
11/23 「静かな食事」からGO-to見直しへ
11/27 GO-toトラベルの一時中止を
11/28 GO-toトラベル・イートは必要なのか?
12/02 再び「怒!」GO-to関係について
12/04 GO-to関係は諸悪の根源
12/05 GO-to関係は総選挙のエサ


自分でも驚くほどGO-to関係に警鐘を鳴らしてきましたが、「人が動けばコロナも動く」ことで現在の状況を考えれば一目瞭然です。
確かにGO-to関係により潤う人達もおりますが、コロナ感染者が増えれば反動で経済も後退し、メリットは一時的なものに終わってしまいます。

『勝負の3週間』などは一種の言葉遊びに過ぎず、国民を危機から眼を逸らす道具なのでしょう。

本来は12月-1月にはGo-to関係を始めとした自粛を徹底しても、減少は難しいにしても横ばいになり、医療崩壊も防げ亡くなる人も減少したかも知れません。
GO-toを推進してきた菅内閣や、自・公・維新の責任であると某ニュースは伝えておりましたが、私は失政だけではなく未必の故意ではないかと思っています。


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

おはようございます

ここまで来ても、人出が増えているところもあるくらいですから
たとえ厳しい制約をかけても、少し治まったと思えば
またどっと旅行だ飲み会だと・・・それが今の日本人じゃないでしょうか。
相当長くなりそうですね。

こんにちは、

他人とかマスコミや政府に流されるのが、日本人の美徳?でもあり欠点なのかも知れません。
おそらく1月末には最高の患者数ではないかと思っておりますが、その仲間にならないよう気を付けるしかありません。