FC2ブログ
2020/11/07

日記・米の内向き政治が中国の覇権国家を生む

本日もアメリカ大統領選です。

私はバイデンが良いとか、共和党の大統領が悪くて民主党がどうかという考えは全くありません。

ただ、トランプファンには申し訳ありませんが、あのような人が大統領や政治家であることに嫌悪感を持っているだけです。

彼は嘘つき、傲慢、インチキ、民主主義の破壊者、失格者とアメリカでも言われており、4年間でアメリカを分裂させてしまったことは、日本の多くの人がコメントしている通りです。

また、マスクをしない大集会はコロナ患者を増やす結果になっているはずです。

トランプ自身も「アメリカファースト」を叫んでおりますが、多くのメディアもトランプの脱税問題、カジノや航空会社、ゴルフ場、ホテルビジネスの破綻・不振で現在4億2100万ドル(約445億円)の債務を抱え、そのうち3億ドル超は4年以内に返済期限を迎えると言われています。

負債総額10億ドルとの試算もある。住宅バブルの崩壊、新型コロナ蔓延による不況、そして経営センスのなさにより破産者となり、納税問題もありホワイトハウスから出たら逮捕・訴追が待っていると言われています。

トランプが大統領を続ければアメリカがますます内向きになり、中国が覇権を狙っており現実に日本の尖閣諸島付近で他国の船を射撃できるようにして武力で奪おうとしているのです。

従って、アメリカに変わって中国が覇権国家になることが最も恐ろしいことでしょう。

現在、6日の午後7時ですが、私の集計ではバイデンが少なくても286-306名を獲得する予想しています
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント