FC2ブログ
2020/11/02

健康・「グラウンド・ゴルフ」とは、⑤

グラウンド・ゴルフ(GG)は単に楽しいから行っているだけでなく、高齢が進むと筋力が低下したり、関節や脊椎などの病気を発症したりすることで、立ったり歩いたりといった運動機能が低下します。

こうした状態を「ロコモティブシンドローム」(以下ロコモ)と呼ばれ、高齢化が進むと寝たきりや要介護へ移行することを、GGを行うことで予防になることが科学的に実証されています。

私たちは「長生き」を希望しても健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる「健康寿命」が必要であることは言うまでもありません。

GGを1ゲーム(4ラウンド)行うと4,000歩から5,000歩も歩くことになり、クラブは大きな打法は32回を含め合計で100回前後も振ることになります。

そして、お互いにスコア表に記入し簡単な計算をすることで、頭の体操にもなります。

s-DSCF1292.jpg

8ホールを2回繰り返し行い集計し、休憩後も後半戦を集計し最後には担当者がパソコンで集計し個人の成績や順位が確定します。

面白いことにー「ホールイン」をすると、2ラウンドの小計から3点マイナスになることがGGの楽しい側面です。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

おはようございます

歩く、計算するは、ゴルフと同じですね。
ホールインすると減点になるのですか・・・。

こんにちは、

そうです、ホールインすると3点引けます。
通常は15mや25mをホールインの指定にして、入ると3点引き、指定ホールに設定するとテイッシュ1箱貰えます。
50mも指定にしておりますが、それがマグレで入ることが有ります。