FC2ブログ
2020/10/17

不定愁訴・歩くのが困難になった

今から3年前の7月末から8月に掛けて、日本が「迷走台風」の襲撃を受けたことがあります。

その年の7月の末にはグラウンド・ゴルフへ出かける気力がなくなり、休む日が多くなりました。
8月に入ると10歩ほど歩けば行けるトイレも、伝い歩きで何とか行ける状態になってしまいました。

特に発熱したわけでもなく、どこが悪いところが無くても気持ち的に落ち込んでしまい、何とも不思議な病になってしまったような気がしました。
もちろん車の運転は出来ず、子供に頼んで8月の真性多血症の定期診察を受けに行きました。

担当医は血液内科の医師のため先生は心療内科に連絡を取って頂き、そちらで受診することになりましたが、女性の医師で何となく相性が悪く感じたので再び血液内科へ戻り受診することになりました。

血液内科の医師は通院している病院の専属医師ではありませんが、真性多血症を15年前後診察して頂いている全幅の信頼をしている先生です。

その時に「不定愁訴」と教えて頂き、一週間分の『ジェイゾロフト25mg』を処方されました。
一週間服用して異常がなかったので、次からは「50mg」が処方されました。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント