FC2ブログ
2020/10/13

真性多血症・血圧が下がり過ぎ

昨日は、毎月(最近はコロナ禍の影響で2ケ月毎が多い)の持病のため診察日でした。

12時30分からの予約でも採血があるので、40分ほど前には病院に着くようにしていますが、いつもより各科の患者が多いように感じましたが、これもコロナ禍の影響かも知れません。

私のように、同じ病名で40年前後も通院している者は少なく、希少価値のあるかも知れません。

先月は20年前に最高期で289もあったγ-GTPが28ぐらいに下がりましたが、最近は血圧が低すぎることに戸惑いを感じています。
最高時は180前後もあり、どんな降圧剤を服用しても下がらなかったものが、この夏の朝には上が110とか108になり、昼頃になると120ぐらいの正常値になります。

検査値が高すぎても不安ですが、下がり過ぎても心配で現状維持が最も安心かも知れません。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

こんにちは

乱高下するのは、気になると思いますが
最高値が100切ってないからいいんじゃないでしょうか。
気にし始めると、反って不安定になるかも。

こんにちは、

100以下が低血圧のようで、何とか維持して行きたいと思います。
下がらなかった時代を考えると懐かしさを感じます。

初めまして

初めてブログを拝見致しました。
私は32歳の女性ですが、31歳の時に真性多血症と診断されました。
若い女性の発症率は50万人に1人とも言われていることを知り、診断された時はとてもショックを受けました。
今は、血液が固まって脳梗塞などが起きないよう、血液サラサラの薬を飲んでいます。
同じ病気の方にはなかなか出会えないので、このブログを読めて良かったです。
ありがとうございました。

こんにちは、

コメント有難うございます。
若いときの発病はショックだったでしょう。
私は40歳代だったと思いますが、瀉血もやりましたが今は「ハイドレア」だけで、白血球と血小板が少し高く、私も血液が固まらない薬を服用しています。
以前、担当医から急性白血病に転移するかも知れないと告げられましたが、現在はその症状はありません。
この病のブログ参加者は以前もあり交流したこともありますが、いつの間にか途絶えてしまったことが度々で残念です。
今は良い薬もありますが、私が発病した当時は瀉血か小児用バッファリンを処方されたものです。
今も月一回の採血と診察を受けておりますが、どうか希望を持って生きてください。