FC2ブログ
2018/03/25

介護・聞きなれない言葉に戸惑う

二人のケアマネージャー(ケアマネ)が訪問され、介護保険の概要の説明のあとに『居宅介護支援重要事項説明書』『居宅介護支援契約書』『介護用ベッドレンタル契約書』等に記名・捺印しました。

『要介護認定』の手続きも行い『通所リハビリ』先も2ケ所紹介され、手際の良い動きにはケアマネについて話してくれたマンションの居住者に感謝、感謝でした。

紹介されたリハビリ先のひとつは新しい施設で、家から比較的に近い『サービス付き高齢者向け住宅』(サ高住)で、もうひとつは『ユニット型介護老人保健施設』(老健)でした。

それぞれの施設に通わせましたが、外科病院が経営母体の「老健」と契約し、週2回通うことになったのです。

数日後、介護認定の訪問調査があり、その後『要介護3』の『介護保険資格者証』が送付されました。

今までの生活では聞いたことのない言葉の連続に戸惑いながら、ネット検索をしながら覚えたものですが、誰でも齢を重ね介護も必要になる場合も多くなり、事前に学習する機会があったら良いと感じました。



にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康管理へ
にほんブログ村

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護(個人)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント